045-871-1180

〒244-0002 横浜市戸塚区矢部町5 コヤマビル1F

地図・アクセスはこちら
矯正歯科一般歯科

横浜 矯正 歯科 戸塚 泉区 栄区 歯医者 戸塚 アポロ歯科

子供の矯正・大人の矯正

スタッフ募集
初診相談の内容 ご予約フォームはこちら EPARK歯科

子供の矯正と大人の矯正の違い

日本矯正歯科学会より認定を受けた矯正専門医

大きな違いは成長があるかないかです。

子供では、永久歯が並ぶのに必要なスペースを増やしたり、上下の顎のバランスがよくなるよう成長をサポートしますので、将来抜歯などをしなくても良好なかみ合わせを得やすくなります。また舌や唇の動きや位置を改善しやすく、口腔内が乾きにくくなり、虫歯や歯肉炎の予防につながります。このようなメリットをもつ子供の矯正は混合歯列期に行いますが、生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいので、矯正中の予防ケアと、短期間で最大限の効果が得られるような最適な治療時期の判断がとても大切です。

一方大人では、顎の位置などが既に決まっている中で、理想的な状態へと歯を動かします。通常2~3通りの治療法が提示されますが、成人矯正では治療を希望するのは本人であるため、自分の意思で納得のいく方針を選ぶことができます。また患者さん、医師ともに明確な目標を目指して進みますし、最近の矯正装置の発達により治療期間は短縮化されつつあり、治療後には “長い間悩んでいたのに治療を始めてからはあっと間だった。”といった声を多く頂きます。

子供の矯正

将来歯で苦労することのない健康な歯並びと、最高の笑顔は、 きっとお子様の宝物になるでしょう

第一期治療(成長期に行う矯正治療)について

日本矯正歯科学会より認定を受けた矯正専門医

第一期治療(成長期に行う矯正治療)について
子供の矯正では、永久歯がきれいに並ぶようスペースを増やしたり、土台となる上下の顎骨のバランスがよくなる方向に成長をサポートすることができるため、将来抜歯などをしなくても、良好なかみ合わせを獲得しやすくなります。顎のバランスの改善により、顔立ちも自然により魅力的な感じになっていきます。

また、出っ歯開咬などのお子さんでは、舌や唇などの良くない動きや位置を改善しやすく、口腔内の乾燥を防ぐことにより虫歯や歯肉炎の予防になります。さらには歯の砕折などを未然に防ぐことにもつながります。
さらに第一大臼歯(6歳臼歯ともいいます)など、顎の位置を決定づけるような、特に重要な歯の噛みあわせに異常がある場合には、その後の下顎の成長が左右のどちらかに偏っていったり、それによりあとから生えてくる永久歯の位置が悪影響をうけたり、顎関節症の誘因となったりすることがあります。
詳しくはこちら
こういった悪循環を早めに断つことはとても重要です。

つまり、大人になってからでは対応が難しい問題を、成長や生え変わりを利用して治したり、放置すると歯や歯肉、関節に悪影響を与えるような状況を避けるために行うのが、第一期治療です。

第一期治療は、混合歯列期(6~11歳位)に行うのが効果的ですが、生えたばかりの幼弱な永久歯は虫歯になりやすいことから、装置を使用する期間を出来る限り短くし、かつ最大限の効果がえられるような、最適な治療のタイミングを設定することが大切です。お子様の歯並びでご心配な点がある場合には、ぜひお気軽に矯正相談をご利用下さい。

第二期治療について

成長と生え変わりを利用する第一期治療に対し、成長後に、必要に応じて仕上げをするのが第二期治療です。
第一期治療終了から数年後には、体も顎も大人と同様に大きくなっていることでしょう。その時点で、上顎と下顎の歯の位置関係に問題を生じていたり、第二大臼歯(12歳臼歯ともいいます)などの位置異常を生じている場合には、第二期治療できちんと仕上げることにより、将来お年寄りになるまで使って頂く、健康な噛みあわせの状態にすることができます。
成長後という意味では、成人矯正と共通している事柄もありますが、適切な第一期治療を受けている方の第二期治療は、比較的簡単に済みます。 また、症状により、顎の成長が終了する第二期治療の時期のほうが、効果的な治療が行えると判断される場合には、第一期治療をできる限り簡略な内容にしたり、場合によっては第一期治療を省略する場合もあります。
治療の見通しを立て、どのような計画で進めるのがそのお子様にとってベストか?保護者の方、本人、矯正歯科医がよくお話合いをすることが大切なわけですね。

子供の治療例

大人の矯正

日本矯正歯科学会より認定を受けた矯正専門医

歯並びを気にせず笑ってみたい、口元をすっきりした感じにしたい、噛めている歯が少ない、歯科医院で、歯の位置の問題があるため被せ物などをつくりにくいと言われたことがある、など思い当たる方は、矯正治療を考えてみましょう。
2~3通りの治療法の選択肢があげられることが多いですが、成人矯正では治療を希望するのは本人であるため、自分の意思で納得のいく方針を選ぶことができます。

また顎や唇の位置などが、決まっているということは、成長予測の必要はなく、どの歯を何ミリ位動かして、唇の感じがどう変化するなど、具体的な治療目標を設定しやすいわけです。患者さん、矯正医ともにその目標に向って、無理・無駄なく進みますし、最近の矯正装置の発達のおかげもあり、治療期間は短縮化されつつあります。
80歳で20本以上自分の歯が残っていた方たちの調査により、歯が多く残っている方は、歯並び・噛みあわせの状態がよかったことが明らかにされました。(東京歯科大学、宮崎先生らの報告より)今より先ずっと、快適でおいしい生活、素敵な笑顔を手にできるよう精一杯のお手伝いをしております。
目立ちにくい装置、見えない装置、取り外しタイプ、他、装置の種類もそろえておりますので、選んでいただけます。他にも心配な点、疑問点などありましたら、いろいろお尋ね下さい。お待ちしております。

治療例はこちら

page top