045-871-1180

〒244-0002 横浜市戸塚区矢部町5 コヤマビル1F

地図・アクセスはこちら
矯正歯科一般歯科

横浜 矯正 歯科 戸塚 泉区 栄区 歯医者 戸塚 アポロ歯科

矯正歯科って?

スタッフ募集
初診相談の内容 ご予約フォームはこちら EPARK歯科

矯正歯科って?

矯正歯科治療の目的

矯正治療は下記の目的のために行います。
  • 咀嚼(そしゃく)、発音などの機能をよくする
  • 歯を様々な口腔疾患から守る
    (歯周病、虫歯、口内炎、歯の破折、ひどい摩耗など)
    かみ合わせ・歯並びと、歯の健康の関連についてはこちら
  • 口元、顔立ちを美しく整える
  • お子様であれば、不正咬合が顎の成長に悪影響を与えないようにする。
  • 歯科的な問題がある場合には、補綴治療や歯周治療を効果的に行えるよう歯や顎の位置を整える。

つまり矯正治療とは、生涯にわたりおいしく食事をし、ステキな笑顔で楽しく社会生活を送れるよう、お口の環境を整えることと、位置づけています。

初診
初診
矢印 矯正後
矯正後
開咬で奥歯しか噛んでいないため
力の負担が集中しやすく、奥歯にのみ磨耗、歯周ポケットが見られる。
面長と出っ歯の傾向のため、口を楽に閉じれず、口腔内は乾燥しやすい。
  多くの歯に咬合圧が分散されている。

【患者さんのコメント】
何でも噛めるようになりました。口を閉じれるようになったせいか喉の乾燥も減り風邪をあまりひかなくなりました。

かみ合わせの良し悪し

よい歯並び・かみ合わせ

  • 前歯、臼歯とも正しく噛みあっていて、それぞれの役割をはたしている
    (前歯で噛み切り、臼歯で噛み砕く)
  • 噛みあわせが左右対称
  • 凹凸がなく、清掃性がよい
  • 隙間がなく、歯と歯が正しく接触している
  • 顔面骨格、唇、舌など、周囲組織と歯の位置関係がよい

よい歯並び・かみ合わせ

悪い歯並び・かみ合わせ

上顎前突(出っ歯)

上の顎(又は歯)の位置が、下の顎(又は歯)より前に出ている状態

上顎前突(出っ歯)

  • 口を開いていたり、下唇の上に出っ歯がのっていることが多い。
    →口の中が乾燥しやすく、歯肉炎などをおこしやすい。
  • 転んだときやスポーツ中などに、歯を折ってしまうことがある。
  • 歯周病になると、ますます上の歯に前突し、歯と歯の間に隙間を生じてくることがある。
  • 噛み合わせの状態によっては顎関節症になりやすいことがある。
反対咬合(受け口)

下の顎(又は歯)の位置が、上の顎(又は歯)より前に出ている状態

反対咬合(受け口)

  • 前歯の噛み切り機能が期待できない。
  • 咀嚼能率についてはかなり個人差があるが、平均では正常者の約5~6割程度。
  • 成人になるにつれ、下顎や下唇の前突感が気になることがある。
  • 入れ歯などの歯科治療が、噛み合わせのいい人に比べとても難しい。

20歳女性

  • 上下顎の前歯の接触状態によっては、望ましくない力がかかるため、歯が極端に磨り減ったり、歯肉退縮を起こすことがある。
開咬

前歯が全くかんでいない状態

開咬1

  • 前歯では物を噛み切れない。
  • サ行、タ行などの発音がしずらい。
  • 口をポカンとあいてしまっていることが多い。
  • 奥歯だけが機能するため、奥歯が極端に磨り減ってしまうことがある。

開咬2

  • 奥歯での負担が大きく、かみ合わせの強すぎる部分で歯周病が進むことがある。
過蓋咬合

前歯の重なりが深すぎる状態(開咬の逆のタイプ)

過蓋咬合1

  • 下顎の前歯が上顎の前歯の裏側の歯肉に噛みこんでしまう。
  • 自然な顎の動きが制限されることもある。

過蓋咬合2

  • 下顎の前歯が上顎の前歯の裏側の歯肉を傷つけている。
非対称

顎の形の歪みなどから、顔の形、かみ合わせの状態が、左右的にかなりずれている状態

非対称

  • 小児期は顔面非対称が目立ちにくいが、成長期に著しくなることが多い。
  • 顎関節症を引き起こしやすい
  • 奥歯の片側が、反対咬合や鋏状咬合になることが多い
鋏状咬合 きょうじょうこうごう(すれ違い咬合)

上顎の奥歯が外側に、あるいは下顎の奥歯が内側に傾いてしまっているため、全くかみ合わない状態。

鋏状咬合 きょうじょうこうごう(すれ違い咬合)

  • 成長期では、下顎が反対側に偏って成長し、顔の形がゆがんだり、顎関節症を引き起こすことがあるので、早めの対応が望まれます。
叢生(乱杭歯)

歯の並ぶスペースが足りず、歯と歯が重なっている状態、犬歯の場合は、八重歯という

叢生(乱杭歯)1

  • 歯並びの悪い部分は歯磨きがしにくいため、虫歯、歯肉炎になりやすい。
  • しゃべる時や笑う時などに自分の歯並びが気になったり、八重歯が上唇の自然な動きを妨げ、気持ちよく笑うことができない。
  • 前歯が前に傾斜している場合には、口元の突出感がある。

叢生(乱杭歯)2

page top