045-871-1180

〒244-0002 横浜市戸塚区矢部町5 コヤマビル1F

地図・アクセスはこちら
矯正歯科一般歯科

横浜 矯正 歯科 戸塚 泉区 栄区 歯医者 戸塚 アポロ歯科

歯を補う

スタッフ募集
EPARK歯科

歯を失った(抜けた)ところに、歯を補うには?

歯を失った後放置してしまうと、物が噛めないだけでなく、隣の歯や、今まで噛む相手だった歯が、隙間に向って動いてきて、そのことによりかみ合わせ 全体の調子が悪くなってしまうこともしばしばあります。残っている歯の状態、その他の条件により、その方に最も適した方法で、歯を補う必要があります。 (補綴治療)

ブリッジ
ブリッジ

欠損部の両隣の歯を支えとして、冠をかぶせる方法。

義歯
義歯

入れ歯のことで、つめをかける歯や粘膜で支えます。

インプラント
インプラント

人工の根を欠損部に埋入し、その上に歯を被せる方法。
ブリッジや義歯のように、隣の歯などに負担をかけずにすみます。
>>インプラント

自家歯牙移植
自家歯牙移植

健康でありながら機能してない歯がある場合にかぎられますが、条件がよければ、その歯を抜歯して、欠損部に移植することができます。
>>自家歯牙移植

矯正による歯の移動
矯正による歯の移動

欠損部のスペースが数ミリであれば、周りの歯を寄せてくることができます。
ただし、両隣だけでなく、かみ合わせ全体がよくなるような治療計画を考える必要があります。
>>包括歯科治療

インプラント

インプラント治療は、歯肉の内部にある顎の骨に金属製の人工歯根を埋め込みその上に人工の歯を取り付ける治療方法です。
現在国内外で主流のインプラント治療は、学術名を「オッセオ・インテグレイテッド・インプラント」といい、チタンで作られた人工歯根が使われています。
チタンは生体との親和性が極めて高く、アレルギー反応を起こしません。
オッセオ・インテグレーションとは、osseo(骨との)、integration(結合)という意味で、骨に埋め込んだチタンが2~4ヶ月で直接結合する性質を生かした治療方法です。
インプラントはかむ力や耐久性が天然の歯に近く、毎日、通常の歯磨きよりもていねいにするだけ。

インプラントは第二の永久歯と呼ばれる人工歯根

抜けた歯の外観と機能を、歯根から歯冠まで修復できるのが、インプラント治療です。
人が物を噛むときの圧力は、想像以上に大きいもの。でも、丈夫なインプラント(人工歯根)なら、天然歯の歯根と同様に機能します。また歯冠の色や形も、最新の歯科技術によって、自分の歯と同じように作ることが可能です。
インプラントの最大のメリットは、きちんとした手入れをすれば、治療効果が半永久的に持続することです。35年以上前に治療を受けた最初の患者さんのインプラントも、今なお問題なく機能しているとの海外の報告もあります。

インプラント治療は、確実性、長期的な安定性、審美的高さ

インプラント治療に求められることは、確実性、長期的な安定性、さらに審美的な高さではないでしょうか。当院では、正確性の高い確実な診断を行い、また、長期的な安定性に関しては、歯槽骨と1ヶ月で癒着するほど確実性の高いハイドロキシアパタイトコーティング・インプラント体と、歯槽骨内に植立しインプラント体上部まで骨が形成されるインプラント体を使用しているため、予後不良のようなトラブルは極端に少なく、安定性の高いインプラントを使用しています。さらに、審美性に関してはインプラント体すべてを歯槽骨内に植立するため、天然歯のような自然な仕上がりが得られます。

インプラントのメリット

インプラント治療に求められることは、確実性、長期的な安定性、さらに審美的な高さではないでしょうか。当院では、正確性の高い確実な診断を行い、また、長期的な安定性に関しては、歯槽骨と1ヶ月で癒着するほど確実性の高いハイドロキシアパタイトコーティング・インプラント体と、歯槽骨内に植立しインプラント体上部まで骨が形成されるインプラント体を使用しているため、予後不良のようなトラブルは極端に少なく、安定性の高いインプラントを使用しています。さらに、審美性に関してはインプラント体すべてを歯槽骨内に植立するため、天然歯のような自然な仕上がりが得られます。

1.抜けた部分だけ植立できます。

1.抜けた部分だけ植立できます。

歯が一本だけ抜けている場合、これまでのブリッジという方法では両隣りの歯を削ります。インプラントは両隣りの歯を削る必要はありません。

2.咬む力でほかの歯に負担をかけません。

2.咬む力でほかの歯に負担をかけません。

歯が一本以上抜けている場合、ブリッジは残っている歯だけでかむ力を支えなければならず、健康な歯への負担が大きくなります。インプラントにすれば、力が一本ごとに分散されますから健康な歯への負担をさけることができます。

3.従来の入れ歯のようにガタつきがありません。

3.従来の入れ歯のようにガタつきがありません。

歯が一本以上抜けている場合、ブリッジは残っている歯だけでかむ力を支えなければならず、健康な歯への負担が大きくなります。インプラントにすれば、力が一本ごとに分散されますから健康な歯への負担をさけることができます。

インプラントQ&A

治療に年齢制限がありますか?
最低16歳以上(骨の成長がほぼ終了)で、医学的、解剖学的に条件が満たされている限りどなたでもインプラント治療を受けることが出来ます。年令の上限はありません。
治療の期間はどのくらいかかるのですか?
全部の歯を治療するとなると3ヶ月~6ヶ月以上の通院が必要でしょう。
*通院期間は治療の内容で個人差がありますので、治療の前にご相談下さい。
寿命はどのくらい考えればいいですか?
植立する顎の骨の状態や内科的状態や口腔状態にもよりますが、しっかりと管理することにより長くもつことができます。
手術は危険なのでは?
治療の前に十分な健康診断を行いますので安心です。
顎の骨に金属を埋め込んで大丈夫なのですか?
インプラントはからだに影響を及ぼさず、しかも腐食しない純チタンを使っていますので安全です。
総入れ歯の人でもできますか?
総入れ歯の方でも、顎の骨や歯ぐきが健全なら大丈夫です。
治療後、手入れが面倒なのでは?
歯ぐきを健康に保つことが大切ですので、通常の歯磨きよりもていねいにするようにして下さい。口の中は年齢とともに変化しますので、インプラントの調整が必要になる場合もあります。半年に一度程度の定期的な検診をおすすめします。

自家歯牙移植

歯を失った部分に、人工的に製作したものを入れるのではなく、自分の歯を移植して使う方法です。移植すべき歯の条件《健全な歯であるが、咬む相手となる歯がなく役立っていない》と、歯肉や骨の幅など、移植を受け入れる条件が、ともに良くないと適応できない方法ですが、自分の組織を使えるというメリットは大きく、欠損部の治療法の有力な選択肢の1つといえます。

成人矯正と移植

たとえば、下顎には歯の欠損部があり、上顎は歯の並ぶスペースが足りないなどの理由から抜歯が必要となる場合に、条件が合えば、抜歯した上の歯を、下顎に移植して使うなど、歯列矯正に移植を組み合わせる治療法もあります。

治療例

  • 初診時 49歳

    自家歯牙移植 初診

    △・▲部分を抜歯しました。

  • 定期健診時 52歳

    定期健診時

    ▲部分に抜歯した歯を移植しています。

page top