問い合わせ先 045-871-1180

〒244-0002 横浜市戸塚区矢部町5 コヤマビル1F

カレンダーはこちらアクセスはこちら
矯正歯科一般歯科

横浜 矯正 歯科 戸塚 泉区 栄区 歯医者 戸塚 アポロ歯科

治療例

スタッフ募集
初診相談の内容 ご予約フォームはこちら

治療例(成人矯正)

叢生・八重歯

初診(年齢:16歳1か月)

【主訴】
前歯の凸凹、八重歯

【診断】
側切歯の反対咬合を呈する叢生症例

矯正終了時(治療期間1年5か月)

【治療法】
小臼歯4本抜歯によるブラケット治療

【治療概要】
抜歯したスペースを利用して叢生を改善。
反対咬合部を治す時期は、上顎の側切歯が下顎の前歯を乗り越えられるように、咬合挙上(上下の歯が少し離れるようにする方法)を5か月間行った。

【矯正治療後2年経過時のインタビュー結果】

〔審美面〕
歯並びと顔立ちが良くなり、人前で口を開けて笑えるようになった。

〔発音〕
発音機能については矯正前後で特に変化を感じていない。

〔噛み合わせ〕
前歯、奥歯ともに噛みやすくなった。

〔他〕
以前は歯と歯の間に詰まりやすかったが、矯正後はなくなった。
口内炎は、体調が悪い時にはできる。頻度は矯正治療前よりも減った。
ブラッシングは全体的には矯正前よりよく磨けている。しかし下顎前歯の裏側は保定しているため磨きにくい。
口を楽に閉じられるようになった。

【費用(税別)】
・785,000円

【リスク】
治療開始前の唾液検査でミュータンス菌数が多めで、唾液の量が少ない、つまり注意しなければ矯正中に虫歯を作るリスクが高いことが予想された。
装置を付ける前にブラッシング法を身につけて頂き、矯正中は約3か月に1度歯のクリーニングを実施。治療開始から1年、装置が少々複雑だった時期には下顎大臼歯に脱灰が見られたのでフッ素塗布も利用した。
矯正治療終了から2年後、ミュータンス菌は減り、唾液料は増加し、虫歯リスクに改善がみられた。矯正中、保定中ともに虫歯を作らずに経過している。

 

開咬と前歯の前突

初診(年齢:18歳8か月)

【主訴】
出っ歯、前歯が噛み合わない、食べにくいものがある

【診断】
上下顎前歯に叢生と前突感のある開咬症例

矯正終了時(治療期間1年10か月)

【治療法】
小臼歯4本抜歯によるブラケット治療

【治療概要】
抜歯スペースを利用して、叢生を改善しつつ前歯を後方に移動した。
上顎大臼歯の位置をコントロールするための口蓋のアーチを利用した。
仕上げの時期には、顎間ゴムを4か月間使用して頂いた。

【治療結果】
噛み合わせ、歯並びが改善し、前歯が後退したことにより楽に口唇を閉じられるようになった。

【費用(税別)】
・789,000円

【リスク】
開咬の治療では矯正用アンカー(顎骨にはめて使用する強固な固定源)を併用する事が多いが、
患者さんは通常のブラケットのみによる治療を希望していたので開咬傾向が残ることが懸念された。
経過としては、治療開始から1年6か月後、微調整を始める時点でやはり開咬傾向がみられたため再度相談。
顎間ゴムを使用して頂き改善したが、前歯のかみ合わせは少々浅めである。

 

歯の大きさの問題と矯正治療

初診(年齢:21歳7か月)

【主訴】
前歯の凸凹、奥歯が噛み合わない

【診断】
上顎側切歯が円錐歯(細い歯)、下顎前突傾向、下顎前歯は叢生
食いしばる癖があり顎が痛くなった経験あり

矯正終了時(治療期間1年10か月)

【装置名】
ブラケット

【抜歯非抜歯】
非抜歯治療

【治療内容】
上顎歯列の幅をやや拡げて円錐歯の両脇に歯科材料を接着できるだけのスペースを確保し、下顎の歯を後方に移動して上下の奥歯が噛み合えるよう数か月間上下顎間に矯正用ゴムを使用

【矯正治療後3年経過時のインタビュー結果】

歯並びがよくなり、審美性だけでなく、歯磨きが楽になった。
顔立ちは矯正前後で特に変化を感じてはいない。
奥歯のかみ合わせがよくなった。治療前は右側でしか噛んでなかったが治療後は両側で物がよく噛めるようになった。
前歯については、硬い食品は噛み切れないものもある。
昔からの食いしばりの癖は矯正治療後も1年位の間、仕事中や夜にやっており顎に疲れを感じる時にはナイトガードを使用したりした。
現在顎のトラブルはない。

【費用(税別)】
・760,000円

【リスク】
初診時、下顎右側一番奥歯の後方部の歯周ポケットは4mmで歯周組織へのリスクに注意が必要であった。矯正後同部のポケットは2mmで健常である。

 

矯正治療とホワイトニング(漂白)

準備中

page top